毎日が発見 in NY stage2

卒業、

株式会社インプロビック、平社長からNYへの切符を受け取り、
念願のNY生活を始めて2年半。

形上、卒業となりました。

ありえない決断に快く返事をしてくださり、
気持ちよく送り出してくださった平社長。

僕にとっては最後まで、憧れの成功者でした。

こんなグループ企業の代表になれるように、今後もがんばっていきたい。

最後まで、僕のことを思い、叱り、僕が成長し、会社にも役に立てる提案をしてくださった
網倉さん。

本当に良い会社、良いメンバーの中で仕事ができ、
勉強させてもらいました。

この経験を活かし、これからStage2.

会社にも守られていないし、何かをしたくても資金もない状態。
廻りも僕を個人の小坊主としてしかみないので、
厳しくはなる。収入もないし。

ただ、何でもできる。
いずれは自分で起業して、自分で稼ぐつもりだったから
それが早くなっただけだしね。

ここでこの環境になったことが逆によかったかもしれない。

そのままだったらだらだら30代になってたかもしれないし。

「やるしかない環境。」

これが自分に必要だったもの。

甘ったるい生活から抜け出して、自分で自分に負けずにやりましょう。

では。また
# by tossynyc | 2008-12-06 13:00